FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やつあたり



三角帽子は昨夜の忘れ物

まつげを集めて家から家へ

おどかした僕が悪い子でした

この枕元に置いておくんで

今夜にでも取りに来てください


とても嫌な夢を見たのです

だから機嫌が悪かったんだ

いつもならまつげの一本くらいで

目覚めることもなければ

腹をたてもしないのに


僕はあなたに怒鳴ったんじゃない

僕は誰にも届かない声を

胸いっぱいに溜めていたんだ

それがつい口から溢れ出て

ずいぶん驚いたことでしょう


三角帽子は時計の横の

月の明かりが射す場所に

埃もはらって 先を尖らせて

しわも伸ばして置いておきます

脇にカードを置いておくんで


受け取りのサインだけしてください

僕はそれを大切にして

お守りにしようと思います

再び言葉が出口を求めて

耐え切れなくなる夜に備えて



スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






[ジャンルランキング]
小説・文学
12746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1140位
アクセスランキングを見る>>

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。