FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨を受ける




療養所の窓枠は

ひなびた雨にさらされて

低く垂れた雲の下

祈る様に静かだった


訪うものも途絶えたのだと

褪せたペンキがつぶやいた

いくつもの生活が在った頃

かなった夢はあったのだろうか


かならず届く心があると

泣いてたひとも もういない

差していた傘をそっと畳んで

私は真っ直ぐに 雨を目に受けた




スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






[ジャンルランキング]
小説・文学
12746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1140位
アクセスランキングを見る>>

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。