FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやきもしないさようなら



真昼の贅沢な さもおかしげなたたずまい

鼻先に漂った笑みの黒さに

憧憬はひしゃげて形を失くし

僕はみぞおちを数回さすって

残っていた古い空気を吐き出した

一過性の熱は冷め下がり

氷点下にまで落ちてしまった

二日ばかりは憎しみだけが残り

それも揮発して何も残らない

強いて言えば食あたりした食堂に

再びは足を向けないような気持ち

けれどもそれで失うものは

何にもないこともまた事実

僕はそれを喜びべきかもしれないね

つぶやきもしないさようなら

午後に差し込んだ日差しにも似て

なんだか心が晴れました




スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






[ジャンルランキング]
小説・文学
12746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1140位
アクセスランキングを見る>>

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。