FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふた



ふたを開けたら からっぽでした
それを最初に 見つけたときは
期待に胸を ふくらませまして

どんな素敵な中身があるかと
いろいろ想像もしたのです
ぴっちりと閉まったそのふたを

どうにかして開けてみようと
おどしたり すかしたり
褒めてみたり 駄々をこねたり

思わせぶりに 開けられたふたは
どこかの 道端に投げ捨てられて
思えばその ふたの方が

よほど価値があったであろうと
思ったりもするのですが
もしかしたら

私にそれが見えないだけで
ちゃんと中身はあるのかもと
淡い期待も又あるのです



スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






[ジャンルランキング]
小説・文学
12746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1140位
アクセスランキングを見る>>

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。