FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい水



水盤に沈んだ木の葉は 

新しい水に洗われて

くるくるといつまでも

浮いていた たぶん


それは私が見ている間

その後は明日まで分からない

早い夕暮れに戸を閉ざし

炊き込みご飯を食べていた


夜は 何のかわりばえもなく

寝る準備をするほかには

することもなく。。。

いや する気にならず


明日の朝 きっと

木の葉は沈んでいるだろう

水を替えたところで

きっと 沈んでいるだろう


スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






[ジャンルランキング]
小説・文学
12746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1140位
アクセスランキングを見る>>

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。